2012年05月31日

ものすごく“大人”の18歳、川村昌弘の素顔とは・・・



ご訪問者様、当ブログにお越し頂きありがとうございます。



国内男子メジャー第2戦「「日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills」が31日(木)、茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブで開幕。18歳の川村昌弘が5アンダーの2位タイと、好調な滑り出しを見せている。

開幕から絶好調!新鋭・川村昌弘の全成績&プロフィール

川村は昨年12月にプロ転向後、今季ここまで6試合に出場し、全て予選突破を果たすなど頭角を現しはじめたルーキーだ。同じくツアールーキーの藤本佳則は、ヘアスタイルや、ゴルフウェアにもこだわりを見せるスタイルを確立?し華やかなイメージとは対照的に、川村は「(オシャレへのこだわり?)全然ありません・・・」と恥ずかしそうに下を向く。

そんな川村は、トーナメント会場では自分の存在を、早くほかの選手や関係者に覚えてもらおうと、大きな声で挨拶をする、体調管理は徹底的に行うなど、その姿勢はとても清々しく映る。AKB48については友達と会話できる程度、趣味は「音楽を聴いたり、本を読んだり、特に人と変わった趣味はないです・・・」と、ゴルフ一辺倒だ。

そんな18歳の川村は“プロゴルファー”という職業を選択するも、進学か夢かの人生の岐路に立たされた。悩んで悩んだ末、「やっぱりゴルフが好きなので、自由にいつでもゴルフができる環境を選んだ」と川村。「進学してもそれは可能なのでは?」との問いにも、「ゴルフ以外の、例えば遊びとか・・・とにかく(ゴルフから)ぶれたりするのが怖かった」と、あくまで一途な想い様には感服させられる。

プロゴルファーとなった今、「将来的なことは正直、まだ具体的に見えていない。でも今年1年やれば見えてくるとも思っている。今は出られる試合に体調万全で臨むこと、それだけです」ときっぱり。「勝つことよりも、いいゴルフをする」という気持ちが強い川村。試合中のミスやトラブル、練習、諸先輩方のアドバイス、川村のゴルフを構成するその1つ1つがいいゴルフに繋がって、勝利という結果に導くことを川村は知っている。サングラスを外すとまだあどけなさの残る川村だが、しっかりと自分を持っている、精神的にものすごく大人な18歳だと感じざるを得ない。(茨城県笠間市/糸井順子)







引用:ものすごく“大人”の18歳、川村昌弘の素顔とは・・・


最後までお読み頂きありがとうございました。



posted by supo at 23:44| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーGT第3戦セパンのエントリー発表。サンダーアジアが復活



ご訪問者様、当ブログにお越し頂きありがとうございます。



 GTアソシエイションは31日、6月9日〜10日に開催されるスーパーGT第3戦セパンのエントリーリストを発表した。GT500クラスは15台、GT300クラスは22台がエントリーしている。GT300には、昨年まで参戦していたサンダーアジア・レーシングが大物ドライバーを起用し登場することになった。

 スーパーGTで唯一の海外戦となるマレーシア戦では、例年GT300クラスで参戦しないチームが出るが、今回は第2戦富士でクラッシュしたART TASTE PORSCHE、チーム体制立て直しのためにセパンをスキップするDIJON音々CALLAWAYワコーズED、またマッハGoGoGo車検Ferrari458、JLOC Exe ランボルギーニ RG3もこのリストには記載されていない。

 一方で変更があるのは、既報の通り安岡秀徒を起用しゼッケンを99に変更したRacerbook Audi R8 LMS、例年どおり英語表記となったEVANGELION RT TEST-01 PETRONAS Shiden。そしてひさびさにサンダーアジア・レーシングの名がリストに加わったことだ。

 2010年〜11年に、JAF-GT仕様のモスラーMT900MでスーパーGTに参戦したサンダーアジア・レーシングは、2009年のセパン戦にはGT3仕様のモスラーMT900Rでスポット参戦。規定の違いはあったものの、鮮烈な印象を残した。

 今回の参戦では、昨年同様となるMT900Mの名称がリストには記載されており、ドライバーには昨年もモスラーのステアリングを握った吉田広樹に加え、なんと元F1チーム・ロータスのテストドライバーを務めたファイラス・ファウジーが加入することになった。

 昨年は予選でも速さをみせたサンダーアジアのモスラーMT900M。ひさびさのGT登場でどんな走りをみせてくれるのか、楽しみなところだ。

[オートスポーツweb 2012年05月31日]






引用:スーパーGT第3戦セパンのエントリー発表。サンダーアジアが復活


最後までお読み頂きありがとうございました。



posted by supo at 23:39| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ロッテ】藤岡「興奮」高校以来の甲子園



ご訪問者様、当ブログにお越し頂きありがとうございます。



<阪神2−1ロッテ>◇31日◇甲子園
 ロッテ藤岡貴裕投手(22)が、7回3安打1失点と好投した。2回2死から藤井に初球の直球を狙われてソロ本塁打を許したが、その後は立ち直った。4回から6回までは3者凡退で退け、7回のピンチも最速145キロの直球などで切り抜けた。高校時代以来の甲子園球場での登板に「高校の時を思い出して、興奮している自分がいた」と聖地のマウンドを振り返った。






引用:【ロッテ】藤岡「興奮」高校以来の甲子園


最後までお読み頂きありがとうございました。



posted by supo at 23:09| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする