2012年06月30日

川崎・風間監督「技術が足りない選手が今日は何人かいた」



ご訪問者様、当ブログにお越し頂きありがとうございます。



 J1第16節は30日に9試合が行われ、川崎フロンターレはヴィッセル神戸に0−1と敗れた。両チーム共にチャンスを生かせず無得点で迎えた後半32分、神戸は都倉賢が待望の先制点を挙げると、その1点を守り切った。神戸はリーグ戦3連勝、敗れた川崎は5試合ぶりの黒星を喫した。
 以下は、試合後の風間八宏監督(川崎)の会見要旨。

 一言で言うと、技術の足りない試合だったなと思います。特に止める力、いつも言っていますが、今日は何本かゴール前にボールが入った場面がありましたけど、止めていればそのままシュートを打てた場面がいくつかありました。点を取るチャンスを自ら失っていたと思います。もちろん、失点の場面では一瞬穴が空きましたけど、だいぶ選手は見えてきているとは思うんですよ。それを体現するためにはどうしても必要な技術がある。その技術を一人ひとりが高めていってもらわないといけないと、強く感じた試合でした。

――技術の話について。ペナルティーエリア近辺でのボールの受け手の問題なのか、出しての問題なのか?

 もちろん全部一緒で向上しますけど、今日は特に止める技術ですよね。受け手の方ですね。受け手の方が動きながらボールを扱う、あるいはぴたっと入ったボールが意図したところに止まっていない。これの一つの原因としては、タッチのミス、もうひとつは周りを把握していない。自分が先に視野を作っておかないと。あるいは相手を理解していない。場所、そこの2つの問題があると思います。そこのところでもっと余裕を持ってやってもらいたかったと思います。

――余裕を持ってボールを持てない理由は?

 技術が足りないという選手が今日は何人かいましたね。調子がいい選手、悪い選手、それがまたこういうふうにやっていますと、一緒のレベルにはまだいないので。そういう意味でベンチでうまく違う選手を入れて、そのまま同じようなことができるかというと時間が掛かると思っていますので。そこのところもひとつ、(ゲーム中に)変化がつかない要因ではあるのかなと。ですけども、何回かは、相手がサイドに4人くらい来ても(中村)憲剛とか楠神(順平)とかは軽く外したりしていますので、そのくらいのところも見えてきてはいると思いますし、そんなに慌てないはずなんですけど、何人かは慌てたら終わりなので、まだまだ辛抱はします。当然急には望みません。

取材協力:Jリーグメディアプロモーション








引用:川崎・風間監督「技術が足りない選手が今日は何人かいた」


最後までお読み頂きありがとうございました。



posted by supo at 23:53| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【修斗】佐々木のフェザー級転向第一戦、わずか42秒で一本勝ち!



ご訪問者様、当ブログにお越し頂きありがとうございます。



「プロフェッショナル修斗公式戦SHOOTO GIG TOKYO Vol.10 〜東日本大震災復興支援チャリティ〜」(6月30日 東京・新宿FACE)

【フォト】この大会の模様

  期待の新星である“寝技王子”こと佐々木が、ついにフェザー級転向を果たす。佐々木は2010年のライト級新人王を獲得、プロデビュー後5連勝をあげたが、昨年9月に6戦目で初敗北を喫した。

 修斗における再起戦となった4月14日の新宿FACE大会では、ライト級(−65kg)よりもフェザー級(−60kg)に近い62kg契約でジャングル伊藤に一本勝ち。

 試合後、佐々木は「60kgまで落とせるのでフェザー級転向を目論んでいます」と階級を変更する考えがあることを明言。アナウンサーから「フェザー級には強い人がいますが?」と7勝(6KO)1敗の堀口恭司の存在を聞かれると、「関係ないです!」と強気に答えた。

 対する松本は2006年の新人王決定トーナメントで準優勝、環太平洋フェザー級王座決定戦も争ったことのある実力者。両者とも一本勝ちを奪える寝技師だけに、一本決着が期待できそうだ。

 1R、両者が近付くとほぼ同時に佐々木が左ミドルキック、松本がタックルに行くと佐々木は身体を沈めてディフェンス。さらに松本が押してテイクダウンを狙うと、佐々木が身体を起こして上のポジションを奪う。

 その後は佐々木の独壇場。松本の上で旋回するとバックを奪い、スリーパーの体勢になると後ろに転がる。このスリーパーが完璧に決まり、松本はタップ。佐々木が鮮やかな秒殺一本勝ちでフェザー級転向第一戦を勝利で飾った。

 佐々木は「期待してくれて構わないです」と自信たっぷりに勝利者インタビューに答える。「軽い身体になってライト級より動きやすいですね。ぶっちゃけ、けっこう緊張していたんですが、みんなが盛り上がってくれたので力が出せました」とライト級転向に手応えを感じたようだ。

 アナウンサーから「いいアピールになりましたね」と話を振られると、佐々木は「どこかで見てるかもしれませんね」と堀口を意識した答え。しかし、「それは誰?」と問われても「まだ(名前を出すのは)早い」と堀口の名前は今回も出さなかった。

▼メインイベント フェザー級 5分3R
○佐々木憂流迦(ささき・うるか/和術慧舟會駿河道場/2010年ライト級新人王)
テクニカル一本 1R42秒 ※スリーパーホールド
●松本輝之(シューティングジム大阪/環太平洋同級8位)








引用:【修斗】佐々木のフェザー級転向第一戦、わずか42秒で一本勝ち!


最後までお読み頂きありがとうございました。



posted by supo at 23:50| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【G大阪】サポ怒りの居残り/J1

今日もご訪問頂きましてありがとうございます。





<J1:G大阪2−6柏>◇第16節◇30日◇万博
 G大阪のふがいない戦いに、サポーターが怒った。本拠地で6失点の赤っ恥。前半20分までに3点を失うと、MF遠藤のゴールなどで一時は1点差に迫りながら、後半にも3失点。日本代表のレギュラーのDF今野を擁しながら、守備はボロボロだ。試合後には怒ったサポーターが居残って、金森社長に説明を求める場面もあった。
 今後、進退問題に発展する可能性も出てきた松波監督は「ボールにいくのか、人にいくのか、スペースを埋めるのか、今日のゲームに関しては(選手間の意思疎通が)そろっていない。バランスもなかった」と、さすがに元気なかった。







引用:【G大阪】サポ怒りの居残り/J1


最後までお読み頂きありがとうございました。



posted by supo at 23:36| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする