2012年07月31日

【鈴鹿8耐】ブリヂストン、タイヤ供給チームが7年連続優勝

今日もご訪問頂きましてありがとうございます。





ブリヂストンは、鈴鹿8時間耐久ロードレースで、同社がタイヤを供給するチームが2006年から7年連続で優勝したと発表した。

[関連写真]

7月29日に鈴鹿サーキットで開催された「2012FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース第35回大会」で、同社がタイヤを供給する「F.C.C. TSR ホンダ」の秋吉耕佑/ジョナサン・レイ/岡田忠之組が優勝した。

また、ブリヂストンタイヤを装着する「TOHOレーシング with モリワキ」の山口辰也/高橋裕紀/手島雄介組が2位に入賞、ブリヂストンタイヤ装着チームが1-2フィニッシュとなった。

F.C.C. TSR ホンダの藤井正和監督は「鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、タイヤが勝敗を分ける重要な要素になっており、タイヤメーカーの競争の場となっており、その中で、我々はブリヂストンと共に戦った結果、優勝できて嬉しく思う。これからもブリヂストンが世界でレースの足元を支えていってほしい」とコメント。

一方、併催して前日に行われた「2012鈴鹿・近畿選手権シリーズ第4戦鈴鹿4時間耐久ロードレース」では「Boon Siew ホンダ・レーシング・マレーシア」のモハマド・イメールフィルダウス・ビン・ハサン/モハマド・ザクゥワン・ビン・ザイディ組がブリヂストンタイヤ「BATTLAX RACING R10 EVO」を装着して優勝した。



《レスポンス 編集部》








引用:【鈴鹿8耐】ブリヂストン、タイヤ供給チームが7年連続優勝


最後までお読み頂きありがとうございました。



posted by supo at 20:20| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星が全体6位で準決勝へ「自分の思うようにいかなかった」=競泳・女子200mバタフライ



ご訪問者様、当ブログにお越し頂きありがとうございます。



 ロンドン五輪の競泳女子200メートルバタフライ予選が31日(現地時間)に行われ、星奈津美(スウィン大教)が2分8秒04の全体6位で準決勝に進出した。

 以下は、予選後の星のコメント。

「予選からある程度のタイムで行きたくて、2分6秒台後半から7秒台前半を目安にしていたんですが、タイムが悪かったですね。
 感覚的にもいまいち良くなくて、後半も体がきついわけじゃないんですけど、重たくて、自分の思うようにいきませんでした。テンポとかストロークとかも関係していて、50メートルのターンでもひとかき多かったですし、そのあたりを修正していかないと、と思います。午後の準決勝はもう少し体が動くと思います」





posted by supo at 19:43| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライコネンのフェラーリ復帰説にロータスも反応



ご訪問者様、当ブログにお越し頂きありがとうございます。



 ロータス代表のエリック・ブーリエが、フェラーリへの復帰説が持ち上がっているキミ・ライコネンの去就に触れ、来シーズンもライコネンがチームに留まるとの考えを示した。

 F1ハンガリーGPの週末、ライコネンが2013年にフェルナンド・アロンソのチームメイトとして跳ね馬に再加入するのではないかと噂になり、パドックの話題となった。
 このニュースはフェラーリ関係者の話として報じられ、復帰に際してもライコネンとルカ・ディ・モンテゼモロ会長の以前からの緊張関係が大きな障害になると伝えられている。

 これについて、当のライコネンも「将来については、何が起きるか分からない」と、フェラーリ復帰に含みを持たせており、ついにはロータス代表のブーリエも噂の火消しに乗り出すかっこうとなった。
「私は、キミのなかにフェラーリ復帰の計画があるなんてことは承知していない」と、ブーリエは語っている。

 彼は来シーズンもライコネンとチームメイトのロメイン・グロージャンのふたりをキープするつもりかどうかを尋ねられると、次のように答えた。
「確かにね。彼らが去る理由が見当たらないよ」

 ライコネンは、現状のロータスに満足していると語っているが、すでにパワステを巡る問題でチームとの関係が悪化したのではないかとも報じられている。

 ロータスとライコネンがF1復帰の際に結んだ契約は2年間とされている。

[オートスポーツweb 2012年07月30日]







引用:ライコネンのフェラーリ復帰説にロータスも反応


最後までお読み頂きありがとうございました。



posted by supo at 06:34| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする