2015年03月31日

「あと1勝」にも現実的なアリバベーネ

ご訪問、ありがとうございます。

今日の、記事内容の前に、

私の一押しの業界No.1、ツイッター
便利ツールをプレゼントします。

高機能なので絶対に喜んで頂けると思います。
遠慮無く頂いてくださいね。

ツイッター




では、本日の記事内容です。




 マウリツィオ・アリバベーネは、F1マレーシアGPのセンセーショナルな勝利にもかかわらず、フェラーリが2015年に掲げた目標に今一度、現実的になるべきだと考えている。【写真】F1第2戦マレーシアGP フェラーリは、セパン・サーキットで行われたマレーシアGP決勝で2番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテルが、優れたタイヤマネージメント能力で2ストップ戦略を成功させ、3ストップ作戦を採った王者ルイス・ハミルトンを逆転で下し、見事マラネロに2年ぶりとなる勝利をプレゼントした。

 昨年は、1993年以来となる未勝利でランキング4位に終わったフェラーリだが、今シーズンは大幅な組織再編により新しく跳ね馬のボスに就任したアリバベーネのもと、目標に掲げたシーズン2勝のうち、早くも1勝を挙げることに成功した。

 しかし、アリバベーネは残りの長いシーズンにおいて、フェラーリが再び勝利を手にする可能性について慎重な姿勢を崩していない。

「現実的になる必要がある」とアリバベーネ。
「私は今シーズンの初めに2勝したいと言った。そして今、我々はそのふたつのうち、ひとつを手にした」

「だが、早すぎる勝利は時に有利にもなるし不利にもなる。したがって、我々はしっかりと地に足をつけていなければならない」

 アリバベーネは、フェラーリの改善された効率性がチームの成績に大きな要因になったと言う。
「彼らの規律のとれた行動は素晴らしかった」
「レース中、私はドライバーやエンジニアを見ていて、彼らがスイス製の時計のように機能していると思った。いや、ここは完璧なイタリア製の時計というべきだろう」

「このメッセージは、我々がしっかりと地に足をつけているということだ」
「一番重要なことは、落ち着いてやるべきことをなすということなんだ」

[オートスポーツweb 2015年03月31日]










引用:「あと1勝」にも現実的なアリバベーネ


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ツイッター



pr:fc2

posted by supo at 23:45| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

異例の決勝中止で2校優勝、3位は3校に ハンドボール高校選抜大会で裁定に不手際

ご訪問、ありがとうございます。

今日の、記事内容の前に、

私の一押しの業界No.1、ツイッター
便利ツールをプレゼントします。

高機能なので絶対に喜んで頂けると思います。
遠慮無く頂いてくださいね。

ツイッター




では、本日の記事内容です。




 ハンドボールの全国高校選抜大会(愛知県豊田市)で、準々決勝の裁定ミスを理由に、決勝の北陸(福井)−浦和学院(埼玉)が前半終了時点で中止され、両校が優勝となる前代未聞の事態が起きた。

 日本ハンドボール協会などによると、28日に行われた法政二(神奈川)−浦添(沖縄)の準々決勝で、反則と判定されたはずの浦添のシュートが、得点に加算されて前半を終了。ハーフタイムに行われた法政二側の抗議は受け入れられず、後半に逆転した浦添が34−33で勝った。法政二側は試合終了後にも抗議したが、覆らなかった。

 日本協会は30日になって再試合を指示。すでに決勝の前半が行われていため、決勝に進んだ北陸と浦和学院の両校を優勝、29日の準決勝で敗れた浦添と四日市工(三重)に加え、法政二を3位とする異例の措置を講じた。

 大会運営を担った全国高校体育連盟は裁定委員会を開き、当該試合の競技委員長を更迭。協会関係者は「防げたミス」として、今後の対応を検討する。







posted by supo at 23:21| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケインのU-21欧州選手権出場を望むサウスゲート 「良い経験になる」

ご訪問、ありがとうございます。

今日の、記事内容の前に、

私の一押しの業界No.1、ツイッター
便利ツールをプレゼントします。

高機能なので絶対に喜んで頂けると思います。
遠慮無く頂いてくださいね。

ツイッター




では、本日の記事内容です。




U-21イングランド代表のガレス・サウスゲート監督は、今年6月にチェコで開催されるU-21欧州選手権にトッテナムFWハリー・ケインを出場させたいという意志を明確にしている。A代表のロイ・ホジソン監督も賛同しているようだ。

昨年までU-21代表でプレーしていたケインだが、今季トッテナムで大ブレークを果たし、先日のEURO2016予選リトアニア戦でA代表にデビュー。交代出場からわずか79秒で初ゴールも記録して自身のデビューに花を添えた。

A代表に定着した選手の場合、年代別代表には招集されなくなるケースも多い。ケインにもその可能性があるのではないかと見られたが、A代表への完全な「昇格」は夏の大会を終えてからとなるようだ。サウスゲート監督のコメントをイギリス複数メディアが伝えている。

「A代表が(EURO2016予選の)グループで良い位置にいることはロイ・ホジソンも私も分かっている。この夏にチェコでの経験をすることが、(A代表の)2試合よりもハリーにとってプラスになると彼も感じているよ。今から6月までの彼のパフォーマンスにかかわらず、絶対にそうだ」

「夏に(U-21)欧州選手権を戦う経験をすれば、選手たちにとってはA代表へ行くための最高の準備になる。我々は今でもそう感じている。ハリーにとっても同じことだ」

一方で、クラブと代表チームの相次ぐ試合による負担への懸念から、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督はケインのU-21欧州選手権欠場を求めていた。最終的にはサウスゲート監督との相談の上でケイン自身の決断に委ねられると見られる。

U-21欧州選手権は6月17日から開幕。イングランドA代表は6月7日にアイルランドとの親善試合、14日にEURO2016予選のスロベニア戦を予定しているが、ケインがU-21代表でプレーする場合にはこの2試合への参加は見送ることになる。

一方、今月31日にはトリノでイタリア代表との親善試合が行われる。攻撃陣に離脱者も出る中、ケインはA代表での初先発が期待されている。



(C)Goal.com










引用:ケインのU-21欧州選手権出場を望むサウスゲート 「良い経験になる」


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ツイッター



pr:fc2

posted by supo at 16:30| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする