2012年06月30日

【修斗】佐々木のフェザー級転向第一戦、わずか42秒で一本勝ち!



ご訪問者様、当ブログにお越し頂きありがとうございます。



「プロフェッショナル修斗公式戦SHOOTO GIG TOKYO Vol.10 〜東日本大震災復興支援チャリティ〜」(6月30日 東京・新宿FACE)

【フォト】この大会の模様

  期待の新星である“寝技王子”こと佐々木が、ついにフェザー級転向を果たす。佐々木は2010年のライト級新人王を獲得、プロデビュー後5連勝をあげたが、昨年9月に6戦目で初敗北を喫した。

 修斗における再起戦となった4月14日の新宿FACE大会では、ライト級(−65kg)よりもフェザー級(−60kg)に近い62kg契約でジャングル伊藤に一本勝ち。

 試合後、佐々木は「60kgまで落とせるのでフェザー級転向を目論んでいます」と階級を変更する考えがあることを明言。アナウンサーから「フェザー級には強い人がいますが?」と7勝(6KO)1敗の堀口恭司の存在を聞かれると、「関係ないです!」と強気に答えた。

 対する松本は2006年の新人王決定トーナメントで準優勝、環太平洋フェザー級王座決定戦も争ったことのある実力者。両者とも一本勝ちを奪える寝技師だけに、一本決着が期待できそうだ。

 1R、両者が近付くとほぼ同時に佐々木が左ミドルキック、松本がタックルに行くと佐々木は身体を沈めてディフェンス。さらに松本が押してテイクダウンを狙うと、佐々木が身体を起こして上のポジションを奪う。

 その後は佐々木の独壇場。松本の上で旋回するとバックを奪い、スリーパーの体勢になると後ろに転がる。このスリーパーが完璧に決まり、松本はタップ。佐々木が鮮やかな秒殺一本勝ちでフェザー級転向第一戦を勝利で飾った。

 佐々木は「期待してくれて構わないです」と自信たっぷりに勝利者インタビューに答える。「軽い身体になってライト級より動きやすいですね。ぶっちゃけ、けっこう緊張していたんですが、みんなが盛り上がってくれたので力が出せました」とライト級転向に手応えを感じたようだ。

 アナウンサーから「いいアピールになりましたね」と話を振られると、佐々木は「どこかで見てるかもしれませんね」と堀口を意識した答え。しかし、「それは誰?」と問われても「まだ(名前を出すのは)早い」と堀口の名前は今回も出さなかった。

▼メインイベント フェザー級 5分3R
○佐々木憂流迦(ささき・うるか/和術慧舟會駿河道場/2010年ライト級新人王)
テクニカル一本 1R42秒 ※スリーパーホールド
●松本輝之(シューティングジム大阪/環太平洋同級8位)





posted by supo at 23:50| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。